ゆめみごこち

地方国立大学に通う大学生Rinのブログです。日々の勉強記録や日記など雑多に書いていきます。

新生活準備

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

今日は4月1日ですね。

 

今日から新年度です。

 

新年度となれば、進学や就職などで新生活が始まる人が多いのではないでしょうか。

 

実は僕もそのうちの一人だったりします。

 

もうすでに昨年度1年を大学1年生として過ごしてきたので今更新生活というのもおかしいのかもしれませんが…。

 

簡単に言うと、住居が変わりました。

 

今までのブログでも触れたことはありますが、昨年度は大学の学生寮に入居していました。

 

しかし、僕が入っていた学生寮は1年生のみしか入ることが出来ません。

 

つまり、この春のタイミングで退寮して新たな住居に引っ越す必要があります。

 

そのため、僕も他の学生寮に暮らしていた友人もみんなアパートを探したり、別の学生寮に入って、引っ越しをしました。

 

つまり、生活環境が大きく変わって、大学4年間のうちに二度目の新生活を送ることになりました。

 

 

しかし、実際に引っ越すとなるとそんな悠長なことも言ってられません。

 

3月の末に引っ越しをすることが決まっていたので、3月の後半は学生寮の部屋の片づけに追われていました。

 

寮は大体の家具や家電が設備されているため、他の荷物だけまとめればいいのですが、荷物を少なく、小さく纏めようと思うとなかなか難しかったです。

 

段ボールに教科書類をすべて詰め込んでしまって、蓋をした後に持ち上がらないことに気が付いて他の段ボールに分けて詰めなおしたこともありました。

 

さらには1年間お世話になった部屋や廊下や洗面所、トイレなどを新寮生たちのためにピカピカに掃除をするのですが、それがまた大変だったりします。

 

そもそも、春休みで寮生の半数以上が実家に帰省してしまっているので、量全体を少人数で掃除するのはなかなか大変だったりします。

 

ちなみに、寮の自室以外の設備の掃除を手伝うと時給800円のお給料とお菓子がもらえたので、僕は自分の部屋の片づけを放置してそちらにばかり行っていました。笑

 

そのため、ぎりぎりまで自分の部屋は片付くことなく、引っ越しの直前に急いで片づけをしました。汗

 

 

無事に荷物を片付け終わり、期限内に退寮の手続きを済ませて引っ越しをすることは出来たのですが…。

 

今度は新しい部屋を片付けるのが大変でした。

 

1年間学生寮で生活していたため、家具や家電をはじめとする生活用品を全く持っていないためすべて買いそろえる必要がありました。

 

ニトリとイオンとダイソーでラたくさん買い物をしたわいいものの、持ち帰るのも大変だし、家具を組み立てたり、家電を設置するのにも苦労しました。

 

寮で一生懸命箱詰めした荷物をすべて出して、新たに収納していくのはとてつもなく面倒に感じました。笑

 

部屋の片づけをしずにバイトに行っていたので、引っ越しが終わってから1週間ほどが経った今でも完璧には片付いていません。

 

春休みが終わるまでには片づけを終わらせなければいけないと思っています。

 

 

 

 

僕と同じように新生活を始める人たちはどのようにお過ごしでしょうか。

 

お互い大変だとは思いますが頑張っていきましょう。

 

ファイト!

 

 

 

では、久しぶりのブログですが、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

 

ではまた。

 

 

ホームシックは悪いことか

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

 

僕は普段、入学した大学の都合で大学がある長野県に住んいます。

 

実家は愛知県にあり、過去のブログでも書いたことがありますが、今は春休みだったので実家にしばらく帰省をしていました。

 

先日長野県に一旦戻ってきたのですが、その道中ではどことなく寂しい気持ちになりました。

 

これがホームシックなのかと思い少し考えるきっかけとなりました。

 

 

そもそも、「ホームシック」とは、辞書では以下のように説明されています。

 

・家庭や故郷を離れているものが陥る、ひたすらそこに戻りたがる精神状態。懐郷病。

                                (広辞苑)

・離れた地に居て、故郷や家庭が恋しくてたまらなくなること。郷愁。懐郷病。

                                (明鏡)

・家・故国を離れて暮らしているときに起こる病的状態。

                      (新明解)

 

共通して言えることは、ホームシックをは家庭や故郷を離れて寂しく思ったり、恋しく思ったりする精神状態であるということです。

 

それを見てから改めて考えなおすと、僕は全くホームシックであるとは言えませんでした。

 

寂しく感じたのは、電車に乗っているとき、窓から地元の様子を見ていたほんの数分間のことでした。

 

その後は全く、そして、長野県に到着してからも全くそのような気持ちになっていないと思います。

 

しかし、数分間に感じた寂しさが膨れ上がるとそれがホームシックと呼べる症状になっていたのかもしれません。

 

しかし、長年住み慣れたであろう家庭や故郷を離れるときに、それを寂しいと感じるのは当然のことではないでしょうか。

 

数年間しか通っていない、小学校、中学校、高校を卒業する時でさえ、少しは寂しくなります。

 

それ以上に長く暮らしている故郷を離れるときはなおさらではないでしょうか。

 

 

実家で暮らしていた人が、突然一人暮らしを始めるのはなかなか大変なことだと思います。

 

掃除洗濯などの家事すべて、毎日の食事の準備など、実家で家族と暮らしていた時はすべて自分一人でやっていなかったことを、突然一人でやらなければいけないのです。

 

見知ら地で助けを借りることも無くそれを一人でやるとなれば、大変なことが多く、身体的にも精神的にもつらくなると思います。

 

さらに、新生活などで、職場や学校などが新しい環境に変わるのも大変です。

 

このような点から考えると、ホームシックまでの症状とまではいかなくても、家庭や故郷を想って寂しく感じることは、至って普通のことのように思えてきます。

 

 

ホームシックは子供っぽいなんて思われたりするのかもしれませんが、それは違うと思います。

 

ただ故郷と家庭を想っているだけです。

 

ホームシックというと、マイナスのイメージが持たれることが多い印象ですが、よく考えれば何も悪いことではないのだと思いました。

 

例え、ホームシックになってしまっても時間が解決してくれるまでのんびり過ごしてみればいいのかもしれません。

 

 

それでは、今日はこの辺りで終わりにしたいと思います。

 

 

ではまた。

 

 

 

f:id:Rin7010829:20210312121717j:plain

 

愛知の緊急事態宣言が解除

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

 

首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言が7日に寛恕されるかと思いきや、2週間延期されて21日まで続くこととなりましたね。

 

未だ無くなることのない感染状況や病床使用率などから鑑みて仕方のないことではあると思いますが、少し残念な気もします。

 

延長された分の2週間の一人ひとりが対策に集中して感染拡大を防がなければいけません。

 

1都3県にお住いの方々、心から応援しています。

 

他県の方々も一緒に頑張りましょう。

 

 

1都3県について緊急事態宣言が延長されたのとは反対に愛知県、岐阜県京都府大阪府兵庫県、福岡県では1日に緊急事態宣言が解除されましたね。

 

感染再拡大の懸念はあるものの、解除されてよかったと思います。

 

それでもまだ、気を緩めることは出来ないので注意しなければいけません。

 

とはいえ、久々に出かけてみたくなりますよね。

 

 

僕は現在、地元の愛知県に帰省中ですので高校の友達と会って食事に行きました。

 

栄の久屋大通公園がしばらく前にリニューアルされたのでそちらに行ってきました。

 

f:id:Rin7010829:20210305234344j:plain

 

2020年の秋ごろにリニューアルされていらいずっと行ってみたいと思っていました。

 

以前の栄の様子とは大きく変わって、明るくて現代的な印象です。

 

かつての久屋大通公園の落ち着いた印象も好きだったのですが、今のモダンな姿も素敵に思います。

 

ホームページを始め、様々なインターネットサイトやテレビ番組で紹介されているので特に紹介はしませんが、地上にも地下街にもお店がたくさんあり、食事やショッピングが楽しめそうだと思います。

 

興味がある方は是非行ってみてください。

 

もちろん感染対策を講じた上でお願いします。

 

 

しかし、緊急事態宣言が明けたばかりなことに加えて、平日だったことなどもあり、人はあまり来ていませんでした。

 

もとの街並みに戻るまでにはまだ時間がかかりそうですね。

 

いつか、コロナの時代が明けるまでみんなで支え合って頑張っていきましょう。

 

 

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

ではまた。

春休み

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

大学生はほとんどが絶賛春休み中ですよね。

 

僕も今は春休み中です。

 

愛知の実家に帰省をしているのですが、毎日自粛生活を続けています。

 

一日一日に出来事がなく、毎日平穏な反面退屈な日々です。笑

 

最近は料理の練習と資格試験の勉強をしています。

 

余りにも色がない日々なのでブログ更新が滞りがちです。

 

ブログ更新も春休みということにしておきます。

 

気ままに更新していくので読んでくださると非常に嬉しいです。

 

ではまた。

忘れ物を減らしたい

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

 

今日の出来事です。

 

とある銀行口座の通帳記入を1年ほどしていなかったので銀行に行ったのですが、通帳を忘れてしまいました。

 

キャッシュカードは持っていたのですが…。

 

サザエさんでいう、買い物に行って財布を忘れた感じでしょうか。?

 

人間なので忘れること、間違えることはありますが、小さなミスは減らしたいものです。

 

家を出る前には荷物を確認しなければいけませんね。

 

 

ではまた。

<今週のお題>一目ぼれと告白

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

 

今週のお題は「告白します」ということなので、告白にちなんだ昔話を書きたいと思います。

 

これを読んでくださっている皆さんは一目ぼれってしたことがあるでしょうか。?

 

一度見ただけで人を好きになってしまうのはなかなかあることではないかもしれません。

 

でも僕は一度だけ一目ぼれをしたことがあります。

 

あれは高校1年生の時でした。

 

僕の高校では、美術の時間は2クラスが合同で授業を行います。

 

その美術の授業の時間に合同だった隣のクラスの子に僕は一目ぼれをしました。

 

遠くから偶然目に入っただけで、実際に話したりは全くしていないのも関わらず、その子のことで頭がいっぱいになってしまったことを覚えています。

 

さすがにきっかけもなしに突然話しかけるのもいかがなものかと思っていたのですが、そのまま待っていても何も進展しないことは明確にわかっていました。

 

しかし、どうしてもこのままなにもしなくては後悔をする気がしていました。

 

そして、僕は声をかけることを決心しました。

 

隣のクラスの子だということはわかっていたのでタイミングを見計らって声を掛けました。

 

軽く挨拶をして、放課後に別の場所に来てほしいと伝えました。

 

本当に来るかどうか不安に思いながらも呼び出した場所で待っていたら、なんと彼女は来てくれました。

 

一目ぼれをしてしまったこと、好きになったことを真剣に伝えました。

 

今思えば、会ったことも話したことも無い人に突然告白するのはとんでもなく迷惑だったかもしれませんね。笑

 

そんなことは考えもせずに突っ走ってしまったわけですが、あれは若気の至りというものだったのかもしれません。笑

 

幸いなことに、すごく優しい子でした。

 

見ず知らずの人(僕)に呼び出されても来てくれました。

 

突然告白しても引いたりせずに、ちゃんと話を最後まで聞いてくれました。

 

すごく驚かせてしまったので、それは少し反省しています。笑

 

告白した後は、お互いちゃんと自己紹介をして、ちゃんと友達になることが出来ました。

 

遠くから見ているだけだった人と普通に目を見て会話が出来ることがすごく幸せに感じたことを覚えています。

 

これも、当時の僕が頑張って見ず知らずの人に告白をし、見ず知らずの彼女が僕を拒絶せずに話を聞いてくれたおかげです。

 

 

頑張って告白したことは今でも最高の思い出です。

 

しかし、今では同じことをできる自信がありません。笑

 

 

 

告白についての思い出話はこの辺りで終わりにしたいと思います。

 

 

ではまた。

 

 

祖母に料理を習う

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

大学生のRinです。

 

 

突然ですが皆さんは料理をすることはお好きでしょうか。?

 

僕は今まであまり料理をしたことがなく、ほとんどできないです。

 

料理の経験と言えば、小学校、中学校、高校での調理実習くらいでしょうか。笑

 

 

大学生になって一人暮らしを始めるにあたって、自炊をするようにしたいなと思って今僕は料理を練習しようと思っています。

 

そこで最近は祖母に料理を教わっています。

 

まずは、カレーとみそ汁とロールキャベツの作り方を教わったのですが…。

 

祖母は長年料理をしていることもあって、特にレシピと言えるようなものがあって作っているというよりは、長年の経験と感覚で作っているのだなと感じました。

 

調味料や食材の量などは全く軽量せず、すべて目分量で調理をしているのを見てさすがだなーと思いました。

 

食材は決まったものではなくて、その時あるもので作るのもすごいなと思います。

 

そんな風に調味料や食材の量や種類が違っていてもいつも同じような味のものが出来るのはどうしてなんでしょうか。?

 

僕には全く理解できません。笑

 

野菜の切り方なんかも教わろうとしたのですが、見本として祖母がやっていしまった時点でもうほとんど終わってしまいました。

 

そんなこんなで、料理のレシピも調理のやり方も特に教わることなく終わってしまいましたが、自分も感覚で料理ができるようになるまで練習するしかないのかなーと思ったりしました。笑

 

 

 

これからも料理の練習を続けていきます。

 

進捗を少しづつ紹介出来たらいいなと思います。

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

ではまた。

 

プライバシーポリシー

①個人情報の利用目的

ゆめみごこち(以下当ブログ)では、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

②個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

③広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当ブログでは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

④アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

⑤当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

⑥免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。